コラム

求職者必見!トイレリフォームのポイントとは

こんにちは!リフォーム工事などを中心に行っている株式会社新建です。
弊社は、拠点のある座間市や大和市などの神奈川県内や東京都内で、トイレリフォームやキッチンリフォームなど、水回りリフォームを主に手掛けております。
トイレリフォームをする際は、トイレや排水管の種類によって工事の内容が変わることをご存じでしょうか?
そこで今回は、リフォームに携わってみたいという方に向けて、トイレリフォームで大切な点をご紹介します。

トイレの状態で作業量や費用が変わる


トイレのリフォームを考える時は、現在のトイレの種類やサイズを見ておくことが大切です。
例えば、洋式便器から洋式便器に交換する場合は、古い便器を撤去して新しい便器を設置するだけなので比較的手軽に行えます。
しかし、同じ洋式トイレでも、電気配線がない便器から温水洗浄便座に交換する場合は、プラスの作業が必要になります。
また、和式便器の場合は、配管工事や電気関係の工事も必要になるため、交換作業がより大掛かりです。
以前よりも便器が小さくなると床の跡が見えるため、床材まで交換が必要になるケースもあります。

排水システムの違いで対応可能な便器が変わる

トイレの排水管には主に「床排水」と「壁排水」があり、これは目でみてわかるものです。
床排水は、便器の下に排水管があるので外から管が見えないですが、壁排水は便器の後ろに排水管が出るタイプなので、外から管が見えます。
一戸建てや多くのマンションは床排水ですが、一部の集合住宅では、壁排水も少なくありません。
また、壁排水は管の高さが床から120mmと155mmの場合に分かれます。
そのため、ご自宅の排水システムに対応した便器を選ぶことが必要です。
例えば、同じメーカーの便器でも、排水システムの違いで交換できる種類が変わります。

新建の職人はトイレリフォームのプロ

新建では、豊富な経験を活用した、さまざまなリフォームを手掛けています。
新人教育に力を入れており、短期間でプロの知識を伝えていきます。
実際の現場にて、先輩から指導を受けながら作業を行えるので、未経験からスムーズなスキルアップが可能です!
また、経験を積むことでお客様へ適切なご提案ができるようになるので、より満足度の高い仕事を行うことができるでしょう。

【求人】新建では新規スタッフを募集中!


弊社では、水回りやお部屋のリフォームを中心とした工事を行っています。
業務好調につき、現場で共に働くスタッフを募集中です!
工事の経験者はもちろん、未経験からキャリアを積みたいとお考えの方も、歓迎しております。
先輩スタッフが丁寧に指導いたしますので、施工にご興味のある方や、プロを目指したい方は、ぜひご連絡ください。
社員一同、新しい仲間が加わることを楽しみにしております。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。